草津熱帯圏と日本ロマンチック街道

今日も高崎市で粉まみれのくりのすけです。

先日ウェイクに乗って草津熱帯圏に行ってきました。ここは日本一高いところにある動物園で、温泉の熱を利用して、亜熱帯に生息する爬虫類を多く飼育しているのが特徴らしいですね。この一体から脱出したら生きていけないということか・・・・。

昔話題沸騰となったエリマキトカゲとか、ヘラクレスオオカブトが日本で初めて公開されたのもこの草津熱帯圏ってことで、結構唯一無二的な存在の動物園なんですね。

ちなみにですが、草津熱帯園ではありません。草津熱帯圏です。よく見ないとわかりにくいですが、園と圏の違いです。

この辺は、日本ロマンチック街道が通っているのですが、ドライブするにはよい道だと思いますよ。

全長300km以上なのですが、日本では最もドイツ的な街道だとか。何をもってドイツ的と言うのか未だに意味不明なのですが、火山が作り出した情景とか、高原や滝などの自然風景、温泉とか、この辺らしいです。日本ロマン詩人達が作品をたくさん残したというのも名前の由来みたいです。実に微妙なネーミングです。

もうちょっと早い時期に行っていたら紅葉も楽しめたと思うのですが、今回はちょっと遅れました。これからはスキーのシーズンですね。ウェイクなら物がたくさん運べるので安心です。中で着替えもできちゃいますしね。それにしても1年が早いなぁ。もう今年も終わりだなぁ。昨シーズンにスキーをしてから、そんなに時間が経っているようには感じないな。